unko

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

信楽再び

IMGP2536.jpg
信楽に神社とササユリを撮りに出かけた
ケツ休めがてら諏訪神社に寄る
IMGP2537.jpg
・・・ん・・?これは・・・・??
IMGP2538.jpg
・・・見なかったことにしよう
早弁するつもりはない
IMGP2541.jpg
こやまじんじゃにもなんとなく寄った
IMGP2548.jpg
ここは信楽の一ノ宮ぽい
特になんていうことない神社だった
IMGP2553.jpg
別の神社
HDRじゃないのにHDRに見える不思議な写真
IMGP2557.jpg
なかなかシブイじゃん
IMGP2558.jpg
顔色悪い狛犬
IMGP2560.jpg

ここの神社は面白い
IMGP2562.jpg
何が面白いって境内に線路がまたいでるんよね
こんな神社始めてみた
IMGP2563.jpg
ちょいピンボケやな残念だ・・・
このように見通しがいい為か遮断機すらない
僕がここに来る前に電車が通ってたので
電車が通るとこは撮れなかった
IMGP2584.jpg
飯道神社に行く前に近くの神社に行く
ちょっと山登ったとこにあった神社
なんかしょぼいんだよね
情報収集ミスだった・・・
IMGP2590.jpg
飯道神社二の鳥居
IMGP2638.jpg
二つ道があって僕は横着して舗装された道へ
IMGP2591.jpg
まぁ結局登らされるんだけど・・・
この写真じゃよくわからんけど
よくもまぁこんな山の中にこんな足場作ったなぁ・・って
職人すげえ
IMGP2602.jpg
井戸だったかな
ポンプもあったんだけど動かしても何も出てこなかった
IMGP2603.jpg
いよいよ到着したようだ
IMGP2606.jpg
眺めがいい
IMGP2609.jpg
なんか昔はすげえ賑わっていたみたい
IMGP2608.jpg

IMGP2614.jpg
いよいよ本殿である
IMGP2615.jpg
・・・・・・・うーーーーーーん・・・・
IMGP2616.jpg
正直なんか違う感が凄かった・・・
わりと最近塗りなおされたのか妙に赤かったんだけど
あれは古来の方法というか顔料で塗られたものなんかなぁ?
どうも不自然さがぬぐえんよね
ていうか塗らなくていんだよ色が劣化してんのが美しいのに・・・
IMGP2627.jpg
作りも言っちゃなんだがチャチな感じがする
神山神社の本殿のがよっぽど手がこんでる
IMGP2628.jpg
文化財に落書きするアホども
死んでしまえ
IMGP2617.jpg
各自読んでくれ

なんだか消化不良なのであえて来た道を戻らずに
白髭社ってのを身に違う分岐で帰った
IMGP2635.jpg
はいクソ
また白い道を上がらないといけない・・・苦行だ・・・
IMGP2640.jpg
なんとか下山
途中から大納言山に入る道を探しまくってやっと見つける
入るなって書いてあるけど・・・
24日に行われるというササユリ鑑賞会ではここの道を使うはずだし
僕も平気だろ、と
IMGP2642.jpg
なだらかではあるがクソ長い林道を歩いた
これは電波塔
IMGP2644.jpg
展望がそこそこ良かった
IMGP2643.jpg
さて・・・肝心のユリはどこだ・・?
IMGP2647.jpg

IMGP2652.jpg
・・いくらなんでも過保護すぎるだろ!!ガッチリ固めてやがる
盗難防止策なんだろうが・・・こんなんじゃ話しならん!!
おそらくユリ鑑賞会の時には錠前が開けられるんだろう
先に言え!!!!
IMGP2655.jpg
なんとか撮った1枚
林道経由じゃなくて正式の登山道には
もしかしたらササユリが野生で生えてた可能性もあったが
そんな保証もないし・・・
このままじゃ納得いかないので
急遽笹が岳に向かうことにした
IMGP2657.jpg
なんか店でも入ろうかと思ったが
昼時でどこも客が多そうだったので
セブンで揚げ鳥を食らう
これおいしいよね
伊賀にはセブンがないので
あるいみこれも名物みたいなもんだ
IMGP2658.jpg
登山道入り口がいまいちわからず探し回る
・・・・ここかな?
IMGP2662.jpg
そのとおり!やめようユリ泥棒!!
IMGP2660.jpg
ふもとにひとつ咲いてた
IMGP2663.jpg
こんな山道は初めて
人一人通れるギリの広さ
1人でいる不安もあったし
狭いとこ苦手な人はやめたほうがいいかも
すごい閉塞感だった
最初の方ずーーーっと熊笹の壁
なるほど笹が岳だ
IMGP2675.jpg
ちょっと開けたとこにあったクッソでかい岩
僕もいろいろ岩見てるけどこれほどでかいのはなかなか見れん
丁度いい高さの岩が近くにあったのでフィルムの方で記念撮影をした
IMGP2676.jpg
笹が岳山頂 て書いてあったのでもう少しか!と思ったんだけど
ところがどっこいこっからが凄まじい傾斜で
しかもクッソ長かった
こんなキツイ山初めて登った
死ぬかと思った
IMGP2678.jpg
ちらっと見えた水木かヤマボウシか何か
頭が朦朧としてたのか一瞬何かわからなかった
IMGP2680.jpg
道中ひとつだけ咲いてたヤマユリ
・・・が気持ちの悪い幼虫がたかっているので台無し・・・
IMGP2681.jpg
やっとこさ頂上に到着した
IMGP2685.jpg
700メートルちょい高さだけで言えば霊山と同じくらいだが
とにかく道が険しかった
もともと体力消耗してたってのもあるけど
IMGP2686.jpg
記念撮影
IMGP2689.jpg
ゆっくり休憩したかったがアブだかハエだかがまとわりついて
暴走族みたいな音を立てるのできちんと休めないまま下山する事にした
来た道を戻るのは絶対イヤなので違うルートで下山
IMGP2697.jpg

IMGP2698.jpg
この花なんて花?マクロレンズ持っていけばよかったな・・・
IMGP2704.jpg
疲労が限界に来てたので下るのに1時間以上もかかった
家に帰った今でも疲れが取れない
IMGP2705.jpg
ここが入り口のようだ
こっちのルートのが比較的穏やかなので僕はこっちをすすめるが
こっち側ではユリは1本も見てない
IMGP2706.jpg
こんな道に出る
案内も何も無いし
わかるか!!!!!

フラフラになりつつ原付のとこまで戻ったんだけど
ふもとの家の奥さんが気さくに話しかけてくれた
疲れててあんま覚えてないけど
頂上のユリはもう無いみたいな事言ってたような気もする

写真はプロ?趣味?って聞かれた
平日にいかついカメラ持って撮ってたからだろう
プロなわけないやん・・・・

でもあの人の助力によってめちゃめちゃいい写真が撮れた
僕の腕がどうとかいうのじゃなくて
いわゆる奇跡のショットというやつ
シャッターは絞り開放だから早かったんでブレてはいないだろうけど
また例の光線かぶりがある可能性もあるし
露出が上手くいったかどうかも不明
現像したら見せる
IMGP2711.jpg
たいやき買って帰った
・・・・・疲れた



スポンサーサイト

| 未分類 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポジ現像

現像されたポジをもらってきた
オレンジベースや色の反転がないので
データ化もラクチン
プロラクチン
IMG_6005.jpg
この写真は若干赤かぶってた
朝日だからかな
修正はしたけど
IMG_5997.jpg
撮った時シャッター遅くてブレたと思ってたけど案外撮れてた
IMG_5998.jpg
なるほどねコントラストは高い
ちょうどネガをキタムラで仕上げた時の感じに似てるな
まぁ多くの人はこういう画調が好きだし
僕も例外ではない
IMG_6000.jpg
ほんとなら誰かがお祈りしてる瞬間を撮るべきなんだろうけど
このとき曇りが一瞬晴れた時だったのでとりあえず撮ったもの
IMG_6008.jpg
へんな顔
IMG_6012.jpg

IMG_6014.jpg

IMG_6013.jpg
ゴミみたいなわんちゃん
IMG_6015.jpg
うん 全然いい感じじゃん
ただやっぱ曇りのときとか日陰で青かぶってたりしてたから
色かぶりは少し気をつけていこう

| 未分類 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |